最適な転職サイトを目的別に比較してあるので迷わないです!

転職サイトおすすめのエージェント型・スカウト型一覧ランキングを紹介

転職サイトはスカウト型エージェント型の2種類に大きく分類できます。
スカウト型・エージェント型は異なる特徴がありますので、どちらが自分に合うかを考えて、その上でランキングサイト一覧に登場してくるサイトに登録すると良いでしょう。
大手のほうが様々な業種に対応しているのでお勧めです。

 

このサイトでは、エージェント型・スカウト型それぞれの方式の説明や、働き方や年齢、性別によってエージェント型、スカウト型どちらのサービスを利用したら良いのか、などを紹介していますので、それぞれ自分にあったサイトを見つけて転職を成功させてくださいね。

 

転職サイト比較《MENU》
  1. 転職にはどんな種類があるの?
  2. 転職エージェント型って?|その活用方法
  3. 転職スカウト型って?|その活用方法
  4. 第二新卒の転職サイト活用方法
  5. 女性が転職サイトを活用するには
  6. 年齢別によって転職サイトの活用方法は変わります
  7. 自分の市場価値を高めて転職を成功させよう

 

転職サイトにはエージェント型とスカウト型の2種類がある

 

転職サイトにはエージェント型スカウト型の2タイプがあります。
それぞれどんなものなのかを簡単に説明しましょう。

 

エージェント型転職サイト ⇒ キャリアコンサルタントが求人を探してくれる方式

エージェントに登録をすると、あなた専用のキャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントという担当者がつきます。
その担当者は、あなたが希望する企業に採用をされるために、希望職種・条件のヒアリングや、提出書類の添削、面接の練習まで全てを無料でアドバイスしてくれます。
確実に転職に結びつけたいという方におすすめの方式です。

 

スカウト型転職サイト ⇒ ヘッドハンターがスカウトする方式

スカウト型というのは、あなたの性別、年齢などの基本データや、今までの職務経歴をサイトに登録しておき、それを見た企業からスカウトのメールが送られてくるという方式です。
それ専用のサイトはあまり多くなく、大手求人サイトのサービスのひとつとして備わっていることがほとんどです。
現在の仕事をしながら良い仕事が見つかれば転職したいという方におすすめの方式です。

 

エージェント型転職サイトのおすすめ一覧

エージェント型転職サイトのランキング一覧で上位に掲載されるのは、リクルートエージェントマイナビエージェントです。
いずれもランキングサイトで目にするエージェント型転職サイトです。

 

リクルートエージェントは、業界ナンバーワンという知名度もあり、独自の求人情報を提供しているというサイトで、非公開求人も多く持っています

 

マイナビエージェントは、求人数では10万件以上であるリクルートエージェントには及ばないものの、専任のキャリアアドバイザーによる面倒見の良い、きめ細やかな対応で人気となっています。

 

そんな2つのエージェントの共通点は、業界大手であるという点です。
そのため各業界にパイプがあって、さまざまな業種の転職紹介に秀でています

 

紹介する業務内容も、一般職から専門職まで幅広く対応しています。
また、日本全国各地域の求人も網羅していますので、地方だからといって損をするというようなこともないでしょう。
転職エージェント

【転職エージェント型】の詳細はこちらでチェック!

 

 

スカウト型転職サイトおすすめ一覧

スカウト型転職サイトのランキング一覧では、どこのランキングでもリクナビNEXTが上位にランクインしています。

 

リクナビNEXTは、株式会社リクルートキャリアが運営している転職サイトです。常時5000件以上という圧倒的な求人数を誇っています。サイト自体もとても見やすく、幅広い業種、自分が求める職種をわかりやすく検索できるようになっています。

 

また最近よく登場するのはビズリーチです。
ハイクラスな転職を希望する人に好まれている転職サイトで、「海外勤務希望」、「ITプロフェッショナル」、「メディカル系」など専門性の高い求人を希望する人や、収入面でのステップアップを希望している人にはおすすめです。

 

転職スカウト

【転職スカウト型】の詳細はこちらでチェック!

 

女性専門の面接相談なども・転職エージェント型の口コミ評判は?

転職サイト,比較,おすすめ

転職エージェント型は面接対策などのサポートも充実していると評判!

転職エージェント型は、サイトに登録するとキャリアコンサルタント(キャリアアドバイザーという呼称のところもあります)という担当者がつき、求人のマッチングや、面接のセッティング、企業との収入や待遇面での交渉など、就職活動のサポートを全て無料で行ってくれます

 

転職エージェント型を利用した場合の流れ
  1. まず希望する就職先の条件をキャリアコンサルタントに説明
  2. コンサルタントがそれにマッチする求人情報を探して紹介
  3. 紹介先を希望する場合はそこでの採用に向け面接対策や履歴書・職務経歴書の添削指導
  4. 企業との面談・試験
  5. 採用決定!

 

口コミでも評判なのは転職希望が明確になるエージェント型

転職したいと漠然と考えているけれども具体的にどこが良いのかわからない人もいるでしょう。その場合には転職エージェント型がおすすめです。

 

転職エージェント型の場合、コンサルタントが私たちに希望条件や職務経歴、能力についてのヒアリングをしてくれます。
コンサルタントからの聞き取りの中で、どんなところに転職したいか、自分の強みはどこにあるかなどを認識・把握できるという点でも転職エージェントを利用する意味はあるといえます。

 

もしその中で「やっぱり今の職場でいい」と再認識して、転職活動を止めることも可能ですので、安心して利用することができます。

 

女性向けの転職エージェント型は口コミサイトでも評判

女性向けの転職エージェントもたくさんあります。
女性も生涯働く時代です。色々な岐路の中で転職を希望する人もいるでしょう。
そんな時、女性の転職希望者の口コミで評判になっているのが、女性向けの転職エージェントです。

 

女性が希望する職種や福利厚生を持っている求人を多く紹介してくれるということもあり、それに沿った面接対策も実施しているので、女性の転職活動にプラスに働きます。

 

また、コンサルタントも希望すれば女性のコンサルタントをつけることができますので、女性ならではの視点で細やかな面接のアドバイスを受けることができるという口コミも見受けられます。

 

口コミの中では、

 

「女性同士だからこそ色々と話しやすい」

 

という意見もあり、仕事と家庭との両立など、女性が仕事をしていくうえでの悩みにも気軽に相談に乗ってもらい、精神的にもプラスになったという話を聞きます。

 

女性が転職を希望する場合は、マイナビが提供する女性のための無料転職支援サービス「Woman will[マイナビ]」や、オフィスワークに特化した派遣サービス「マックスキャリア」などの女性向けの転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。
転職エージェント

【転職エージェント型】の詳細はこちらでチェック!

 

評判の転職スカウト型・内定の断り方の返信内容は

転職サイト,比較,おすすめ

 

転職スカウト型とは?

 

転職スカウト型は、転職サイトで必要事項を登録したら、あとは企業からのメールを待つというパターンですので、「働きながら良いところがあったら転職したい」という人には評判の良いシステムです。

 

ただし、送られてくるメールにはほぼ全員に送られるようなDMもあれば、企業担当者から直接送られてくる内定に直結してくる大切なメールもありますので、それらの見極めや返信の対応が大切になってきます。

 

転職スカウト型のサイトから送られてくるメールの種類について

転職スカウト型サイトからのメールは大きく分けて以下の2つがあります。

 

  1. 年齢や資格、希望条件などの基本項目からマッチングして送られるメール
  2. 職務経歴等をみて「直接面接をしたい」、「即戦力になる」と思われたときに送られるメール

 

転職スカウト型サイトによって、それぞれのメールの名称は違ってきますが、内容は大体どこもこの2通りに分けられてきます。

 

転職スカウト型で送られてくるメールによって企業の本気度が違うの?

転職スカウト型のサイトが、あなたの年齢や勤務希望地など基本的な項目をマッチングして送ってくるメールは、ほぼDMのような扱いのメールだと思って構いません。

 

ですので「まったく興味の無い業界なんだけど…」というミスマッチなメールがくることもたまにあります。

 

スカウトというと、スポーツなどのように企業が是非にと指名をしてくるイメージがあるのですが、このメールに関しては、年齢や職種などで希望に合致する人全員に送るDMのようなものだと思っていただければよいでしょう。

 

ですが、企業の担当者からの直接メールの場合は、あなたと直接会って話がしたい、面接がしたいというものですので、企業の本気度は大!です。

 

転職スカウト型のサイトからメールが届いたらどのように返信する?

企業の担当者から直接メールが来るというのは、内定に直結しているメールと思ってよいでしょう

 

企業もあなたを希望しているからこその心のこもったメールですので、内定を希望しない企業からのメールだった場合には、断り方や返信内容にも注意が必要です。

 

転職スカウト型で内定のメールにおける断り方

内定が極めて近いメールを受け取った、でも断りたければ、断り方をマスターしましょう。

 

メールで返信する際には、まず内定オファーに関する感謝を伝えます。そして「募集している職種での転職は想定していません」という断り方でいいでしょう。

 

内定に対する返信の断り方は、いかに相手の気分を害さないようにするかです。メール返信はビジネスの世界では大変重要ですから、このような内定に対する断り方をマスターしておきましょう。

 

転職スカウト型の評判を見ると、気軽に活動できるところや、仕事をしながら転職するなら転職スカウト型を利用するのが良いと評判です。
しかし上で紹介した転職スカウト型の評判を見る限り、返信メールの内定の断り方はあらかじめ準備しておいた方が良いでしょう。断り方のテンプレートを空いている時間で作っておき、担当者から直接のメールが届いた時は速やかに返信することです。

 

転職スカウト

【転職スカウト型】の詳細はこちらでチェック!

 

第二新卒の転職・就活は大手・公務員でどう?

第ニ新卒

第二新卒の転職は大手では歓迎されている?

新卒3年未満の第二新卒で転職を検討している人はいませんか?

 

第二新卒の転職ですが、大手では結構需要がありますから、就活に挑戦してみる価値はあるでしょう。第二新卒が就活で大手において有利な理由、それはキャリアです。

 

第二新卒ではまだ専門的なキャリアがないから大手では使えないと思う人もいるでしょう。
しかし第二新卒の場合、社会人としての基本的なマナーは身についています。

 

大手で新卒を採用した場合、就活学生に基本マナーから研修で教えないといけませんから、大手にとっては結構面倒です。その点、第二新卒は就活後の研修ですでに身についているので、改めて教える必要がありません。

 

大手にとって就活学生よりも負担が少ないので、第二新卒の転職に興味を持っているのです。

 

第二新卒で公務員に転職できる?

上で紹介したように、第二新卒でも大手対象に就活する価値はあるでしょう。しかし第二新卒の中には大手ではなく、公務員への転職を検討している人もいます。

 

長く続く日本の不況、公務員であればずっと仕事を続けられる可能性が高いです。
大手への就活でも経済的に安定するでしょうが、将来的に経営不振に陥る可能性は大手でもあります。

 

公務員であれば食いっぱぐれがないから転職したいという第二新卒の方も多いのです。

 

第二新卒の公務員への転職は可能です。
しかし大手のような民間企業への転職とは就活の方法が若干異なります。
通常は公務員試験を受けて合格して、そこから転職という流れです。新卒の就活・第二新卒の就活は関係ありません。

 

公務員試験の場合、もしかすると年齢制限が設けられているかもしれません。
第二新卒であればまだ若いので転職できるチャンスがありますが、若めに設定している公務員試験がある可能性も考えられます。

 

公務員試験を受ける際には年齢制限を確認して、就活できるかどうか確認しましょう。公務員が無理なようであれば、転職サイトを利用しての大手への就活・転職も検討してみるべきです。

 

第二新卒

【第二新卒】の詳細はこちらでチェック!

 

事務仕事を転職サイトで・女性向け?年齢や資格などの条件は?

女性転職

女性向けの転職サイトは事務の募集が盛りだくさん!

女性向けの転職サイトにはたくさんの求人が出ています。

 

その中でも事務系の仕事は転職サイトに数多く掲載されています。
事務の仕事はどの業種でも必要とされるので、転職サイトに掲載されている求人数も自然と多くなります。

 

事務の仕事というと女性スタッフの数も多いでしょう。
転職サイトにおける事務の求人を見ると、正社員だけではなく、派遣スタッフ契約職員など様々な雇用形態で募集しているのも大きな特徴です。

 

女性の転職は子育てや結婚など年齢によって様々

転職サイトの事務職の募集を見ると、派遣スタッフ・パートなどの非正規雇用の案件も数多くみられます。
女性の場合、結婚していて育児をしている年齢の女性も多いでしょう。女性で育児をしている年齢だと、フルタイムでの勤務はなかなか難しいかもしれません。

 

しかしパートや派遣の事務であれば、無理なく女性でも両立できる可能性が高いです。育児などでフルタイムが厳しそうな年齢の女性であれば、転職サイトでパートや派遣の事務の仕事を探してみましょう。

 

女性に人気の事務の仕事に年齢や資格の制限はある?

女性に人気の事務の案件は、転職サイトでもいろいろと記載されています。

 

女性の中には

 

「今更この年齢で事務の仕事に就けるの?」

 

「転職サイトで探しても年齢制限に引っかかってしまうのでは?」

 

「何も資格がないからどこも雇ってくれないかも」

 

と不安に感じている年齢の人もいるでしょう。

 

転職サイトの案件を見てみると、年齢制限を設けているものもあります。しかし事務の仕事を見てみると、年齢不問の求人も少なくありませんから、年齢が上だからと言って、あまり悲観することもないのです。

 

女性が事務の仕事をする時に資格は必要?

女性が事務の仕事をするにあたって資格が必要なのではないか、と思っている人もいるでしょう。
持っているにこしたことはありませんが、営業事務や一般事務の場合、応募資格を見ると、特別な資格は必要とされていません。

 

ただし経理事務の場合は簿記の資格が必要であったり、貿易事務の場合はTOEICや英検など英語関係の資格が応募資格の条件となっている求人も転職サイトでは見られます。

 

また、女性に人気の事務職では、パソコンスキルはあって当たり前というくらいに思っていただいておいたほうが良いでしょう。
ただしパソコン関係の資格は必要なく、ワード・エクセルの基本操作ができれば応募資格を満たすものが多いです。

 

もしパソコンスキルを証明する資格を持っておきたいという場合は「MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)」というワードやエクセルの操作能力を問われる資格がありますので、この資格がおすすめです。

 

女性転職

【女性の転職】の詳細はこちらでチェック!

 

年齢別効果的な転職サイトの活用方法について紹介

転職サイト,比較,おすすめ

年齢(20代、30代、40代、50代)によって転職サイトの活用方法は変わります

年齢によって、企業が欲しいと思う人材は変わってきます。転職サイトの上手な活用方法を知って、成功をつかみ取りましょう!

 

20代の転職サイト活用方法~適職診断を上手に活用しよう

20代という若い年齢で転職を希望している人に企業が求めるのは、適正があるかどうかということです。これから長く働いてもらいたい人材を、せっかく雇ったは良いが適正が無い、となると業務の把握や理解にも時間がかかり、どちらにとっても良いことではありません。

 

転職を希望する側もできれば長いスパンで就業したいと考えていることでしょう。
転職サイトを活用し、適職診断で自分の適性を知るということは、企業にとっても自分にとっても良いことなのです。

 

中には自分の適性がどこにあるのかわからない人もいるでしょう。その場合は転職サイトの適職診断を使ってみることが効果的な活用方法になります。

 

30代の転職サイト活用方法~色々な迷いを持ってのぞむ転職

30代となると転職する側は色々な迷いをもって転職を考えていることと思います。

 

独身の人は、これから先家族を持つことができる年収を手にすることができるかどうかを考えている人もいるでしょう。
また、新卒で就いた仕事にひと区切りをつけて未経験の職種に飛び込んでみたい、という人もいるでしょうし、今までと同じ業種で更にスキルアップしたいという人もいるでしょう。

 

30代はまだまだ可能性がありますし、キャリアチェンジも可能でしょう。
ですが、転職サイトではたくさんの転職情報が氾濫していて、考えがぶれてしまう可能性があります。

 

特に30代という年齢での転職はこれから先の人生に大きく影響をしますので、まずはライフプランを描いてそれを達成すべく、ぶれない気持ちでのぞむべきです。

 

また、社会人経験も10年前後となっていますので、一度自分の持っているスキルや適性の棚卸をするためにも、エージェント型転職サイトに登録をして、担当コンサルタントに自分の長所やウリを客観的に判断してもらうのも良いでしょう。
自分でも気づかなかった能力を発見してもらえるかもしれません。

 

女性の場合は特に結婚や出産などで働き方が大きく変わってくる年齢でもありますので、自分がどういう生活をしていきたいかということをベースに担当のコンサルタントと話をしていきましょう。

 

40代の転職サイト活用方法~管理職採用にターゲットを!

40代は転職をするのに迷う年齢なのではないかと思います。家族も養わなければいけないし、更に子どもの教育にお金がかかる年齢です。
40代であれば、管理職についている人も多いでしょうから、転職をする場合、年収もアップさせようと思ったら管理職での採用を狙っていくべきでしょう。

 

そうなると、スカウト型の転職サイトよりは、エージェント型の転職サービスを利用して、担当コンサルタントと希望の年収や職位などの話を煮詰めてから転職を進めていくのが得策です。

 

エージェント系の転職サービスであれば、自分のキャリアや能力、希望にマッチする案件を見つけてもらえます。自分の年齢の求人にも通じているので、理想の職場が見つかるかもしれません。

 

 

50代の転職サイト活用方法~エージェントを積極的に活用しましょう

50代は、20代や30代と比べると、転職を考える人も採用する企業もあまり多くはないかもしれません。

 

まだ働く余力があるか、企業に貢献できるのかが大きなポイントとなってきます。当然いちから新しい仕事を、というよりは今まで自分が培ってきたもので勝負していくことになりますのでこれまでの経験を活かした転職になるでしょう。

 

そうなると、40代と同様エージェント型の転職サイトの活用方法を考えるべきでしょう。
エージェント型転職サイトは、非公開の求人も多く持っていますので50代の方でも希望する内容での転職の可能性がひらけてきます。

 

年齢が40代・50代に差し掛かってくると、スカウト型の転職サイトではなかなか求人情報を見つけられないかもしれません。そのような年齢の転職サイトの活用方法として、エージェント系にターゲットを絞ることをおすすめします。

 

転職エージェント

【転職エージェント型】の詳細はこちらから確認できます!

 

年齢によってエージェント型を使うなど転職サイトの賢い利用方法を!

年齢の高い低いを問わず使われているツールが転職サイトです。

 

しかし年齢によって、転職サイトの活用方法は微妙に違ってきます。転職活動がうまくいくかどうかは年齢に関係なく、効果的な戦略を描けるかどうかで決まります。

 

年齢が高くなると転職サイトでなかなか求人が見つからないという人も出てきますが、エージェント型のサービスの利用という活用方法で道が開けてくる可能性は高いです。上で紹介した活用方法をうまく自分のケースに当てはめて使ってみることです。

 

年齢別別転職サイト活用方法

20代転職 30代転職 40代転職 50代転職

自分の市場価値は?英語など人材本位の適職診断を

転職サイト,比較,おすすめ

自分の人材としての市場価値は適職診断で探ろう

自分の市場価値が分からない人は適職診断を利用しましょう

 

自分の市場価値ってなかなか自分ではわからないですよね?
転職活動は、自分という人材を売り込む作業と意識することが大事です。転職に成功するためには、自分という人材に高い市場価値があると思わせることがポイントです。

 

自分という人材の売り込み・プレゼンの場が転職市場です。

 

自分という人材の商品価値を見極めるために重要なのはキャリアの棚卸です。自分にはどんな経験があるのか、どんな専門的スキル・知識を持った人材なのかをいったん整理しましょう。

 

意外にこの棚卸をせずに、自分の市場価値がわからないまま転職活動をしている人が多いです。

 

例えば英語力が高い人の場合はどれくらいの市場価値があるのか

英語力を持っている人材は市場価値が高いのでしょうか?
答えを先に言ってしまうと、「英語力がある人は人材としての市場価値が高い」です。

 

今ではどの業界でも英語の必要な国での事業展開をしていますから、英語でコミュニケーションの取れる人材を多くの企業で欲しています。
企業が英語力のある人材を求めていれば、英語のできる人の場合は、ピンポイントで自分の市場価値を高めることができるのです。

 

ですから、英語力で勝負をしようと思っている人は、自分にはどれくらいの英語力があるか説明できるようにしておきましょう。

 

英語力があると思われる人のアピールポイント
  • TOEICハイスコア、英検1級など英語に関連する資格を高いレベルで持っている
  • 英文でのメールのやりとりや書類作成ができる
  • 英語でビジネスの交渉ができる
  • 長期の留学経験あり
  • 帰国子女である
  • 商社で海外勤務や多くの出張経験あり

などです

 

このように自分の市場価値を高められるような英語力のアピールポイントを準備することです。

 

今回は英語力を例に取りましたが、もちろん英語以外でもビジネスでアピールできるポイントはいろいろとありますので、自分の強みというものをもって、市場価値を高めるようにしましょう。

 

市場価値や適職診断できる転職サイトを活用して自分を見つめ直す

転職活動している人の中には、自分の市場価値をきちんと理解していない人も多いものです。
せっかく人材としての市場価値が高くても、気づかずに安く買いたたかれて、過小評価されかねません。

 

また中には自分の今の仕事が向いていないのではないかと思っている人もいるでしょう。その場合は適職診断のできる転職サイトを利用することです

 

適職診断は、いくつかの質問に答えるとどのような仕事が向いているかをみちびき出してくれます。
適職診断することで、自分が思ってもみなかった世界で活躍できる人材であることに気づかされるケースも出てくるでしょう。適職診断の中には、予想内定社数予想年収を診断してくれるものもあります。

 

適職診断をしたところ、思っている以上に自分には価値のある人材だと気づくこともあるでしょう。適職診断をしているサイトはいくらでもあります。自分の適性がわからないときに、適職診断を活用してみてください。

 

適職診断は無料で利用できるので、気軽に試すことができます。
適職診断

【市場価値】の詳細はこちらでチェック!

 

「転職したい!と思ったら転職サイトを比較して事前準備を行う!」関連情報