転職のすすめ~転職をしたいあなたへのブログ

休日が少ないから土日祝日に休みたい人におすすめの職場とは?

休日が少ないVS土日祝日に休めない、不満を徹底解析

 

休日が少ない,土日祝日に休みたい

 

休日が少ないことに不満を持っていて、それが転職理由になる人はたくさんいますし、土日祝日に休みたいという転職理由で仕事探しをする人もたくさんいます。

 

どちらも、休みたい時に休みやすい職場へ転職したいという部分では共通していますが、休日が少ないということと、土日祝日に休めないということは、満足できる企業の分野や業種、職種などが微妙に異なります。

 

そのため、まずは自分がどんな風に休みたいのかを客観的に解析することが大切です。

 

例えば休日が少ない・土日祝日に休めないことに不満を持っていて、それが転職理由となっている場合には、お休みが平日でも休日数が増えれば満足できるという人もいれば、土日祝日休みのパートナーや恋人と休みが合わないことが転職理由になっている人もいるでしょう。

 

その場合には、休みの数が少なくなったとしても、土日祝日に休みたい人にとってはカレンダー通りに休める職場を選んだほうが、転職後の満足度は確実に高くなるのではないでしょうか。

 

休日が少ない・土日祝日に休めないが知っておきたい!業界や職種ごとに休日のパターンは異なる

 

休日が少ない,土日祝日に休みたい

 

休日が少ないという不満や土日祝日に休みたいという希望で転職を考える場合には、業界や職種によってお休みのパターンが大きく異なることは、あらかじめ理解しておかなければいけません。

 

基本的には土日祝日に休みたい人が満足できるのは、公務員や銀行、その他直接的な接客を行わない企業などがあります。特に、大手企業では土日祝日は基本的にはお休みですし、地方の支社などでもその点は徹底されていることが多いので安心です。

 

一方、中小企業になると、日曜はお休みだけれど土曜日は出勤という企業が多くなるので注意が必要です。リテール系や病院・福祉など週末や祝日にも営業している職場では、自分だけが土日祝日に休みたいからと言って休ませてもらえるわけではないので、仕事選びの際には気を付けなければいけません

 

休日が少ない・土日祝日に休めない人の転職活動方法

 

休日が少ない,土日祝日に休みたい

 

休日が少ないという不満で転職活動をする場合、企業ごとに年間休日数が求人募集に明記されていることが多いので、その休日数を参考にしながら仕事探しをする事をお勧めします。

 

ただし、休日数が多くても、実際に休めるかどうかは別問題です。

 

現在の職場で休日が少ないという不満を持っている人の中には、休日数は多いはずなのに、休日出勤を命じられることが多くて休みたいのに休めなかったり、有休などをとりにくい環境や雰囲気だったりする職場もあります。

 

休日が少ないことが嫌で転職したい人なら、休日数が多くて、しかも有休消化率が高い職場を選べば、満足度の高い転職活動ができるのではないでしょうか。

 

休日が少ない人や土日祝日に休みたい人の仕事探し方法

 

休日が少ない,土日祝日に休みたい

 

休日が少ない不満を抱えている人なら、転職サイトで求人検索をする際に、年間休日数によって求人を絞り込むことができるので、ぜひその機能を活用することをおすすめします。

 

また、転職サイトによっては、土日祝日に休みたい人のために、土日祝日休という検索項目が設置されているサイトもあります。

 

そうしたワンクリック検索機能を上手く使えば、一つ一つの求人情報をじっくり見る前の段階で、休日が少ないという不満を解消してくれそうな職場を絞り込むことができるでしょう。

 

休日が少ない・土日祝日に休めないは部署選びも要チェック

 

休日が少ない,土日祝日に休みたい

 

企業の中には、職種によって土日祝日に休みたい人が満足できる勤務日となっている部署もあれば、そうではない部署もあったりするので、その辺りは注意しなければいけません。

 

例えば不動産管理を行う企業の場合、賃貸や購入などを含めた不動産管理を行う部署だと、どうしても土日祝日にお休みの顧客の接客業務が必要となるので、土日祝日に休みたい人にとっては後悔する勤務日となることが予想できます。

 

しかし接客業を一切行わない本社勤務なら、支社では土日祝日に働いていても本社勤務社員は土日や祝日はお休みということがあります。

 

どこに配属されるかによって、休日のパターンが大きく変わるので注意したいですね。

 

休日が少ない・土日祝日に休めない業界にはこんなところがあります

 

休日が少ない,土日祝日に休みたい

 

土日祝日に休めないことがイコール休日が少ないというわけではありません。

 

しかし、土日祝日にお休みできる人は、祝日がある週には土日と祝日の3連休になることもありますが、休日が少ないと不満を持つ人が多い職場では、連休はなかなかとりづらく、1日ずつのお休みをポツポツと取るなど、不満が生まれやすい労働環境が多いですね。

 

業界ごとに土日に休めない可能性が高い所はいくつかあります

 

休日が少ない職場は嫌という人や、土日祝日に休みたいという人は、もしかしたら避けたほうが良い業界かもしれません。

 

上記の不動産業界以外にも、顧客企業へ常駐する特定派遣という働き方や、IT系のエンジニアなどもまた、ケースバイケースによって休日が少ないという不満が生まれやすい業界です。また、飲食店やアパレル系ショップなどは基本的に接客業務となるため、土日祝日に休みたい人には向いていない業界と言えるでしょう。

 

また、自動車販売や整備などを行うディーラーおよび中古車ショップ、整備工場などもまた、土日祝日に休みたい人は避けたほうが良いかもしれませんね。